スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アデリアの果実酒びんで旬のイチゴたっぷりサングリアなどを作りました。~癒しでおまかせ本舗

今回私は、アデリアの果実酒びんのモニターをすることになりました。
1_20120402152744.jpg
アデリアの果実酒びん(通称「梅びん」)は、今年で発売開始50年を迎えたそうです。
ホームページには梅びん50周年特設サイトが設けられていて、色々な情報を得ることができます。


果実酒びんと言っても容量1リットルの可愛いもので、普通の家庭用冷蔵庫にも入るため、色々な用途に使用できます。
お酒などをいっぱい入れてもそれほど重くなくて、持ち運びも楽です。

1 (22)

私は「旬のイチゴたっぷりサングリア」と「果物いろいろサングリア」を作ってみました。
「旬のイチゴたっぷりサングリア」は、イチゴ1パック、赤ワイン350ml、ラズベリーなどが入ったミックスジュース200mlを使いました。
1.イチゴは、へたを取って洗います。

1 (15)
2.水気を拭いて四つ切にします。
1 (16)
3. アデリアの果実酒びんにイチゴを入れ、
1 (17)
4.ワイン350mlを
1 (18)
アデリアの果実酒びんに入れます。

1 (19)
5.ミックスジュース200mlを入れて、
1 (23)
6.ふたをして冷蔵庫で冷やします。
1 (20)

出来上がったサングリアは、イチゴの味がして、とてもフルーティーな味わいです。
果実酒と言うと長く漬け込むイメージがありますが、サングリアは午前中に漬け、晩御飯やお風呂上りに楽しむことができます。

1 (21)

「果物いろいろサングリア」は、ミックスフルーツ缶詰1缶、イチゴやリンゴ少々、赤ワイン350ml、ミックスジュース200mlを使いました。
1.ミックスフルーツやイチゴを細かく切り、アデリアの果実酒びんに入れます。

1 (5)
2.赤ワイン350mlを入れます。
1 (6)
3.ミックスジュース200mlを入れます。
1 (7)
4.缶詰のフルーツは沈んでしまうので、リンゴをスライスして型ぬきしたものを入れ、可愛くしてみました。
1 (8)

よく冷やしたサングリアは、さっぱりした甘さに出来上がりました。
1 (9)
果物が家にたくさんない時には、缶詰の果物は重宝します。

サングリアはそのまま飲むだけでなく、サイダーで割って楽しむのもいいです。
1 (10)

また、できたサングリアを使ってゼリーにしても美味しいです。
材料は、粉ゼラチン5グラムを大さじ3杯のお湯(約80度)でよく溶かしたものと、

1 (11)
サングリア100mlと、
1 (12)
ミックスジュース150mlです。(甘味が足りない時は、砂糖を加えてもいいかもしれません)
1 (13)

上の3つをよく混ぜて器に入れ、お好みの果物(今回はイチゴ)を加えて冷やし固めます。
1 (14)

今回、このアデリアの果実酒びんのおかげで家族全員、楽しむことができました。

レビューブログのモニターに参加しています。ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

トラックバック
http://fuminkaisho.blog7.fc2.com/tb.php/803-912ca4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。